上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庭のタピアンも咲いている。
タピアンもいろんな色があるけど
タピアンはこの色が好きだ。
000412.jpg

って割には、
ピンク色のタピアンがチョット優勢状態だな。
ガンバレ、青紫タピアン。
000413.jpg

で、このあいだやって来たMacPro。
やはり速い。
OSのレパードもそうだけど、
この機種はメモリーを多めに積んでやらないと
かえって動きが鈍そうだ。
メモリー6ギガにしたのは正解であった。
それにしてもレパードは使いやすい。
000414.jpg

そしてペンタブレット、
以前使っていたものより格段使いやすくなっている。
見た目も少し良くなっているし、
いろいろと進化するんだね~。
ペンタブレットって、初めて買って1ヶ月くらいの間は
買ったことを後悔する。(慣れが必要だから)
でも一度なれてしまうと手放せなくなるんだな。
000415.jpg

今回の仕事の道具、総入れ替え作戦は
3週間ほどほとんど仕事にならなかったし
とっても大変であったが
かなり快適な作業環境に生まれ変わった。
まぁ、全てをいまだに感で動かしているので
たまに手こずるけど。

そしていつものオマケの写真・・・、

いや、これがメインなのか~。
000416.jpg

000417.jpg

000418.jpg



スポンサーサイト
photoCM0. TB0 TOP▲
え~、昨日に引き続き
ハードでダークな・・・その2。
「・・・」って、手抜きだな。

000405.jpg

で、タイトルのごとく
コントラスト高めの濃いめのセピア色っぽい写真ってことで、
↓これはソフトフォーカス・・・
いや、ただの手ブレだな。
000406.jpg

000407.jpg

000408.jpg

これくらいコントラストが上がってるのも
たまにはイイ感じ。
000409.jpg

000410.jpg

000411.jpg



photoCM2. TB0 TOP▲
ここんとこ、バタバタであった。

で、最近ルナ&サラがいっしょに散歩に出かける・・・
ルナはちょっとイヤそうだけど。

000398.jpg

で、久々の今回は趣向を変えて
ちょっとハードでダークなセピア系で・・・
でも、一枚目は違ったけど・・・

ふたりそろって、こんな感じ
000399.jpg

2頭つれて写真を撮るのはチトつらいか。
000400.jpg

あとは、散歩と関係ない写真を4枚ほど・・・
000401.jpg

000402.jpg

000403.jpg

で、次回もちょっとハードでダークなセピア系
ってやつの続きになる予定です。
000404.jpg



photoCM2. TB0 TOP▲
やっと環境が整ってきた~
ゆえに、久々に更新ができることになった・・・が、
ブログの更新用の窓が、なんか変わってしまっている。
これまた非常に使いづらい。
わたしのブラウザがsafariに変わったからだろうか?
000392.jpg

今回のパソコン移行は、思いのほか大変であった。
OSから何から、劇的に変わってしまって
使い方を把握するのに時間がかかって・・・
いろんな設定でも時間がかかってしまった。
000393.jpg

でも・・・
OSのレパードはとてもイイ感じ。
非常に使い勝手が良いね~。

今度のパソコンは「MacPro」
8コアのCPUにメモリー6ギガ、
HDを3台内蔵して、その内2台をミラーリングに設定・・・
かなり快適に動いてくれる。
ケッコウ当たり外れがあるみたいだが
私のところに来たMacProは当たりのようだ。
やはり日頃の行いがよいのか・・・。
000394.jpg

その他ペンタブレットやルーターなども全て変更。
ネット環境が劇的にスピードアップしたのには驚いた。
パソコンなのか、ルーターなのか・・・
こんなにスピードが変わるとは~ビックリ。
000395.jpg

で、今日の写真は・・・
スルーギっぽさが出ていると思われるルナの写真です。

あるサイトでスルーギについて書かれていたので
内容は↓
「アラビアのロレンスのように気高い魂を秘めた
砂漠の美しき長距離ランナー」
スルーギは鼻よりも目が自慢。地平線の彼方に遊ぶ獲物を
卓越した視力で見つけて狩るサイトハウンド。
原産地はモロッコ。スルーギとは「疾風のように早い」
という意味のアラビア語です。
気まぐれで自由奔放なようですが、なによりも飼い主を愛し、
気が付くとそばに寄り添っているようなところがあります。
飼うほどに味のでる犬種だといえるでしょう。
全体的には極めて健康ではありますが、
当然豊富な運動量を必要とします。また寒さは苦手なので、
室内飼育が基本です。その意味では、時間と生活環境に
ゆとりのある人だけが飼えるプレミアムドッグといえるでしょう。
世界的に見てもフランスとドイツのハイクラスな愛好家の間で、
静かに流通している程度の非常に希少性の高い犬種です。

なんて書かれていた。しか~し、

000396.jpg

「なによりも飼い主を愛し、気が付くとそばに寄り添って・・・」が
チト違うような気がするのは私だけだろうか。

そこんとこ「どう思うよ」ルナ~。

「フ フ フ・・・」
000397.jpg



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。